Cygwin で 日本語 TeX --- プロジェクト概観と指針

ホーム > Cygwin で日本語 TeX > プロジェクト概観と指針

プロジェクト指針 --- 「ユーザに `ノウハウ' をなるべく要請しないように」

次のようなユーザがいままで多かったのではないでしょうか:

日常の CUI 作業のほとんどは Cygwin 上で行っているにもかかわらず, TeX の環境は 「W32TeX, dviout 等 / TeX インストーラ」 などで Windows native な環境に用意して,

Cygwin で 日本語 TeX を使う人のほぼ総てのひとが上のような手順を踏まなければならないというのは 好ましい状況ではありません. そこで,われわれが目指しているのは, ユーザは特別な設定をしなくても,ネットインストールしてすぐ使える Cygwin 上の 日本語 TeX 環境です.

がモットーです.

現在は・・・,Cygwin のネットインストーラの振舞いを理解しきれず,依存関係の判定には 多少の不安が残っていますが*2, 使うために必要な設定は済ませてあります*3御自分で設定を作る前に,まず動くかどうか確認してみることをおすすめします.

試してみたけれど,何か設定を書かなければ動かなかったということがもしありましたら, ご連絡頂ければ幸いです (アドレスは トップページ に書いてあります).


*1. 「おまじない」の一例:
export PATH="/cygdrive/c/usr/local/bin:/cygdrive/c/gs/gs7.07/bin:/cygdrive/c/gs/gs7.07/lib:$PATH"
unset TEXMF
unset TEXMFMAIN
unset TEXMFCNF

*2. ghostscript* パッケージが日中韓対応のもの (ヴァージョンが 7.07-??) が 3 つとも入るかに不安が残っています.

*3. /etc/profile.d/ptetex.(c)sh に, export PATH=/usr/local/teTeX/bin:$PATHunset TEXMF の類を 書いてあるので,(各種) シェルを呼び出すたびに環境変数が整備されます.

ホーム > Cygwin で日本語 TeX > プロジェクト概観と指針